Google Drive、OneDrive、Dropboxのパフォーマンスと便利性を向上する方法。QNAP CacheMountの第一印象

Google Drive、OneDrive、Dropboxのパフォーマンスと便利性を向上する方法。QNAP CacheMountの第一印象

 

クラウドドライブを使用することは便利ですが、問題もあります。LAN上の複数のユーザーが同じファイルをインターネットから同期すると、多くの帯域幅が消耗されます。また、サービスの種類によって異なるユーティリティをクライアントにインストールする必要があります。これにより、PCパフォーマンスが低下することがあります。しかし、もう心配いりません。QNAPのCacheMountテクノロジーは、これらの問題に対処できます。

CacheMountは、QTS 4.4.1のリリースで導入された新しいコンポーネントです。CacheMountを使用することで、別のストレージサービス(Google Drive、OneDrive、Dropboxなど)にNASを接続して、ローカルネットワークとインターネット間のゲートウェイとして機能させることができます。ファイルの読み書きはNASでキャッシュされ、クライアント側の動作は高速化します。NASはクラウドサービスとファイルを同期し、貴重な帯域幅と時間を節約します。

LANのクライアント側の操作が高速かつ効率的に

クライアントが、キャッシュされていないファイルをクラウドから要求すると、NASは最初にこれをキャッシュし、クライアントにローカルにファイルを提供します。同じファイルに対するすべての後続の読み込みは、NASキャッシュに直接保存されます。クライアントがクラウドにファイルを書き込む必要がある場合、そのファイルは最初にNASキャッシュ上のローカルに書き込まれ、NASはファイルをクラウドと同期します。これにより、すべてのクライアントの時間を大幅に節約できるだけでなく、帯域幅をコスト分うまく利用することができます。

SMB/AFP/NFSとのローカルクラウドキャッシュアクセス:合理的な配置

セットアップが完了すると、クライアントは多くのオペレーティングシステムに内蔵されているSMB/AFP/NFSプロトコルでQNAP NAS経由でクラウドサービスにアクセスできます。サービス固有のユーティリティは不要です!これは、IT管理者の展開時間を節約でき、ユーザーは各種サービスにわたり同じ使用方法で済みます。

複数のNASアプリ/サービスが利用可能:Qsirch、Qfilingなど

CacheMountでQNAP NAS上にクラウドストレージをマウントすると、クラウドストレージデータと作業するために幅広いアプリとサービスを利用することができます。たとえば、Qsirchはクラウドベースのファイルの検索を簡素化し、Qfilingはファイル整頓を自動化します。作業のパフォーマンスと効率を向上するための方法はまだまだ他にも可能性があります。 CacheMountは、効率を向上し、付加価値アプリケーションのクラウドデータを活用するための個人とエンタープライズの無限の可能性が解放されます。この機能は、QTS 4.4.1で利用できるようになりました。今すぐQTS App Centerでインストールしてお試しください。CacheMountのご意見・ご感想を共有ください。ワークフローを改善するための素晴らしいCacheMountユースケースがありましたら、以下よりコメントしてください。

*The cache feature is coming very soon. Stay tuned for updates.

620 Total Views 1 Views Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です