QTS 4.3.5の特別発行:マインクラフトのように自由に仮想ネットワークを構築

QTS 4.3.5の特別発行:マインクラフトのように自由に仮想ネットワークを構築

 

ソフトウェア定義型の仮想ネットワーク、10GbE LAN、ACワイヤレスネットワークおよびVPNにより、高速で独自の物をシームレスに選択できます。

QNAPは、さまざまなストレージ、ネットワーク、コンピューティングテクノロジーの開発とアプリケーションに長年にわたって取り組みを行ってきています。同社は、インターネットの影響力が世界の様相を変えるのに十分であることをよく理解しています。サーバー関連の製品に加え、QNAPはネットワークインフラストラクチャ機器の開発も行っています。また、複数の高速有線(QXGシリーズ)およびワイヤレス(QWAシリーズ)ネットワークカードと同様、10GbEアンマネージドスイッチ(QSWシリーズ)を発表し、ユーザーが接続性に優れたネットワーク環境をつくれるようにしています。さらに、QNAPは仮想・物理ネットワーク環境の統合も行っています。独自の仮想マシンハイパーバイザーテクノロジーに基づき、ソフトウェア定義型の仮想マシンネットワーク環境を開始しました。これにより、ユーザーは高速な物理ネットワークとともにオンデマンドの校正を選択することができます。エンタープライズリソースの節約またはアプリケーション展開のアクセラレーションを行えることで、常に仮想・物理ネットワーク統合を最大限に活用することができます。

新しいネットワークトポロジマップでは、仮想・物理接続を一見することが可能

QNAPはQTS 4.3.5において、さまざまなネットワーク機能を向上し、より直感で使用でき、簡単に理解できるネットワークステータスの概要を提供して、使用感を向上しています。新しく改革が行われた「ネットワークと仮想スイッチ」アプリは、QNAP NASのネットワーク構成センターです。アプリを起動すると、明確なネットワークトポロジマップが表示され、NAS物理ネットワーク、VM/コンテナーネットワーク、仮想スイッチのすべてが一覧表示されます。これにより、ユーザーは物理・仮想ネットワーク接続ステータスを簡単に理解し、ITスタッフのネットワークチェックタイムを節約できるだけでなく、対応するページに直接移動することで、関連の設定を行ったり、VM/コンテナーの起動を行うことさえできます。主要機能が統合された単一のインターフェイスにより、さまざまな構成プロセスが大幅に簡素化されています。

複数の仮想アプリケーション + オンデマンドの仮想ネットワーク = 仮想および物理統合のメリット×∞(無限大)

QTSによるソフトウェア定義型の仮想マシンネットワーク環境では、複数のモードを使用できます。これにより、さまざまな使用シナリオにおけるNASの万能性が増しています。たとえば、ユーザーは、NASへのアクセスを分離し、セキュリティが破られないようにするために、すべての仮想マシンをソフトウェア開発におけるサンドボックステストように閉じたネットワークとして接続することができます。一部の仮想マシンは、さまざまなネットワークアプリケーション用の仮想サーバーとして機能するように、インターネットに直接ブリッジさせることができます。仮想マシンの外部物理ラインを切り替える場合、仮想マシン間における接続モードを変更する場合、または新しい仮想マシンでアプリケーション機能を拡張する場合など、ソフトウェア定義型構成であれば簡単に要件を満たすことができます。また、ユーザーは仮想・物理ネットワーク統合の完全なポテンシャルを見出すために、いつでも自由な組み合わせ、柔軟な一致、拡張を行うことができます。

GDPRとは?QBeltを使うことで、国境を越えるデータ転送も簡単に

QVPNの仮想プライベートネットワークアプリであるVPNサービスアプリは、QNAP独自のVPNプロトコルであるQBeltの導入により、QTS 4.3.5で改善されています。標準のPPTP/L2TPプロトコルは幅広く使用されていますが、簡単に検出ブロックされます。新しいQBeltプロトコルは検出の頻度を大幅に減らします。また、QBeltはより高いレベルの暗号化モードを使用してデータフローの機密性を確立しています。QTSの洗練されたユーザー権限管理とともに使用することで、ユーザーは、QNAP NASがセキュリティリークなしで個人情報といった機密情報を適切に処理できるため安心いただけます。QNAPは、Windows/macOS/Android/iOSのQBeltクライアントを提供し、各種プラットフォームのユーザーは、信頼でき、高度に安全なデータ転送で共有できます。

競合の基準を引き上げる、仮想および統合万能ネットワーク

上記の革新的な機能に加え、QTS 4.3.5は、QNAP NASに汎用性をもたらし、ユーザーがより多くのことをできるように、さまざまな詳細(複数/カスタムDDNS、DHCP予約IPアドレス、静的ルーティング、radvdのフルサポート、外部接続の自動検出など)を強化・微調整しています。QNAPはNAS上の仮想化テクノロジー展開に継続的に投資を行い、長年にわたり関連アプリケーションにおける業界をリードしています。また、高度な仮想インスタンス相互接続機能を使用することで、仮想・ソフトウェア定義型の万能ネットワークアプリケーション環境を作成しています。そのため、エンタープライズは従来型で複雑なITメンテナンスを破棄し、主要ビジネスや革新に焦点を合わせてより利益や成長を高めることができます。

詳細については、QNAPのライブストリームをご視聴ください。「QTS 4.3.5プレビュー:10GbE接続を最適化するための高度なネットワーク管理」。

369 Total Views 1 Views Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です