クラウドインフラに QNAP NAS を追加すべき 5 つのメリット

クラウドインフラに QNAP NAS を追加すべき 5 つのメリット

2019 年の IDC の調査において、85 %の組織がアプリケーションとデータをパブリッククラウドから移動させていると回答したことをご存じでしょうか?

パブリッククラウドに利点が多いことは紛れもない事実です。ハードウェアメンテナンスが不要で、柔軟性が高い点は個人や企業にとって魅力的ですよね。が、欠点がないわけではありません。ストレージゲートウェイ(HybridMountVJBOD Cloud)として QNAP NAS を導入し、ハイブリッドクラウド環境を構築しましょう。クラウドの生産性とコストパフォーマンスの高さを維持しながら、欠点を軽減することができます。では、QNAP NAS がどのようにしてインフラをストレージゲートウェイとして最適化できるか見てみましょう。

  • コスト節約:クラウドストレージサービスは使用量に応じて課金額が決まります。つまり、クラウドにすべてのファイルをアップロードすると、ストレージや帯域幅に対する多額な料金が発生してしまいます。本当にクラウドにすべてを保存する必要があるでしょうか?QNAP NAS をローカルデータ保管庫やパブリッククラウドのゲートウェイとして追加することで、コールドデータをオンプレミスの IT インフラに移行できます。QNAP NAS でハイブリッドクラウドストレージゲートウェイをパブリッククラウドのキャッシュとして機能させることも可能。ストレージとダウンロードの双方を節約することで、コスト効率のよいクラウド体験が得られます。
  • 帯域幅デマンドの緩和:QNAP NAS をパブリッククラウドのキャッシュゲートウェイとして使用することで、クラウドへのすべてのアップロードとダウンロードが個別のクライアントではなく QNAP NAS で処理されます。同じファイルのダウンロードリクエストは、ゲートウェイによって直接ローカルで処理され、高額な(かつ制限付きの)インターネット帯域幅を節約できます。アップロードリクエストは最初にゲートウェイに進み、クライアントのクラウドアクセスを加速させます。
  • アクセスを加速:QNAP NAS を LAN 上のゲートウェイとして活用することで、アクセス時間や応答時間が大幅に改善されます。データベーストランザクションや IoT デバイス管理/制御といった、エッジアプリケーションやスピード重視のアプリケーションにぴったりです。効率の良いハイブリッドクラウドストレージのインフラが生む無限の可能性によって、利用シーンはさらに拡張・拡大されるでしょう。
  • 合理化されたオペレーション:QNAP NAS を LAN 上のゲートウェイとして活用すれば、対応しているすべてのクラウドサービスに通常の SAMBA/AFS/NFS/iSCSI プロトコルを使ってアクセスできます。クライアントにアドオンやアプリは必要ありません。一般ユーザーにとって、学習障壁が低いことを意味します。
  • 豊富な QTS アプリエコシステム:ストレージゲートウェイソリューションに加え、QNAP NAS の QTS アプリエコシステム内に、多目的に及ぶ機能を用意しました。利用シーンに応じて付加価値を提供します。たとえば、QANP NAS はライトな機械学習や推論サーバとして使用できます。エッジコンピューティング性能によって、ハイブリッドクラウド環境の生産性を高めることが可能。

以上の利点を鑑みると、QNAP クラウドストレージゲートウェイソリューションは TCO(導入から破棄に至るまでのあらゆるコスト)を減らすに値する投資であるといえるでしょう。IT インフラの高い効率性と柔軟性、万能性を実現させます。まだ納得できませんか?以下までコメントしてください。お電話でもかまいません。ぜひ詳しく意見交換しましょう。

プレビュー:次の投稿では、ハイブリッドストレージクラウドを構築するために、どのように QNAP NAS とクラウドサービスを選んだらよいか、ヒントを共有したいと思います。投稿については、こちらをクリックしてください。

357 Total Views 6 Views Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です