IFTTTにより、アプリ、デバイス、NASを統合してよりスマートなオートメーションが可能に

IFTTTにより、アプリ、デバイス、NASを統合してよりスマートなオートメーションが可能に

 

Webサービスには、デジタルライフを簡素化し、より便利にできる可能性があります。しかし、さまざまなアプリやデバイスを管理し、連携して動作させることは難しい場合があります。1つのソリューションとしてIFTTT(”If This Then That”)があります。これは、レシピのようなアプレットを作成することでアプリとデバイスの接続を支援するサービスです。たとえば、使用しているとあるアプリで新しい動きがあった場合に、IFTTTは別のアプリやデバイスでタスクを自動的に実行することができます。

素晴らしいサービスですよね?IFTTTがQNAP NASで出来ることの例をいくつかみてみましょう。

  • QNAP NASへのDropboxファイルのバックアップ

指定したDropboxフォルダーにファイルを追加すると、このアプレットはファイルを自動的にQNAP NASにダウンロードします。

  • Amazon AlexaにQNAP NASを再起動させる

IFTTTアプレットは、QNAP NASを再起動するための音声コマンドをAmazon Alexaに送ることを含め、スマートホームをさらに賢くできます。

  • アップロードしたInstagramビデオをQNAP NASに保存する

IFTTTはソーシャルメディアのアーカイブ化も支援します!Instagramにビデオをアップロードすると、このアプレットは自動的にQNAP NASにビデオをダウンロードします。

IFTTTは、生産性、バックアップ、デジタルライフを向上するための可能性を無限に提供します。また、ユーザーは、新しいQNAPアプレットが公開されたときのための電子メール通知を有効化することもできます。アプレットについて素晴らしいアイデアがある場合には、以下にコメントするか、弊社までご連絡ください!

QNAP x IFTTTについての詳細はhttps://www.qnap.com/go/solution/ifttt_agent/ までアクセスしてください  QNAP NASの既存のアプレットを参照するには、https://ifttt.com/search/query/QNAP までアクセスしてください。

21 Total Views 1 Views Today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です